農業を始めるなら小型特殊免許を取得しよう

農業を始めるなら小型特殊免許を取得しよう

農業を始めるのに必要な小型特殊自動車について

道路運送車両法施行規則には、車両の長さや幅などが子細に定められています。また、速度に関しても細かく取り決められており、最高でも速度が15キロ以下となっています。 また農耕用は最高速度が35km/h未満であれば車両の大きさには関係はなく特殊車両の扱いです。

小型特殊自動車とはどんな自動車か

小型特殊自動車というとパッと思い浮かぶのはショベルカーやトラクターなどで、農業や工事現場で活躍する車両だというイメージはあるかと思います。

ほんやりとは知っていても、具体的にはどんな車種が該当するのか、運転するのに免許が必要なのか詳しい事までは知らないと言う人も多いでしょう。

農業を始めたら、効率良く作業を進める為に小型特殊自動車を使用する必要が出てくるでしょう。
万が一の事故を防ぐためにも小型特殊自動車を運転するにはどんな免許が必要か、どんな車両が該当するのか詳しく知っておきたいですね。

農耕用の小型特殊自動車は自動車というだけあって、自動車と同じ扱いの部分もあるのですが、農耕用ならではの規定、小型特殊自動車としての規定も絡み所有して使用するにはちょっと複雑な部分もあります。

小型特殊自動車は田畑などの私有地で使用する分には免許は不要なのですが、保管場所から田畑まで距離があり公道も走るのであれば小型特殊免許が必要になります。
小型特殊免許は自動車免許を持っていれば不要なのでわざわざ取得しなくて良いのですが、ない場合で公道も運転するのなら小型特殊免許が必要です。

自動車運転免許は小型特殊自動車免許よりも上位の免許になります。
取得するのには自動車教習所に通わなくてはならないので費用も期間もかかりますが、試験内容は重なる部分も多いですし、車の運転ができた方が何かと便利な部分もあるかもしれないので最初から小型特殊自動車の運転も可能な自動車免許を取得してしまうのも良いかもしれませんね。

小型特殊自動車とはどんな自動車か

詳細は小型特殊車両の種別は道路運送車両法施行規則に記載されています。 長さ、高さ、幅、最高速度などが該当する車種、農耕車の場合は最高速度35km/h未満のもの、農耕トラクタのように農業で使われることの多い車両もここに含まれています。どのような車両が該当するのかを見てみましょう。

小型特殊茶寮はどんな運転免許が必要か

田畑内の私有地のみの運転なら免許は不要です。 しかし、駐車場から私有地まで距離があって公道も走ると言う場合には小型特殊免許が必要です。 自動車免許を持っていれば小型特殊免許よりも上位の免許になるのであえて取得する必要はありません。 原付免許は下位の免許の為、小型特殊車両を運転して公道は走れません。