小型特殊自動車とはどんな自動車か

どのような車両をいうのか

特殊自動車のうち、小型特殊車両に該当するのは、長さ4.70m以幅1.70m以下、高さ2.80m以下の大きさで、最高速度15km/h以下であるものと法で定められています。

農耕用は特別で、大きさがあってもなくても最高速度が35km/h未満なら小型特殊自動車になります。
乗用装置がある事も条件です。

見た感じは小型特殊車両でも実は小型特殊免許だけでは扱えない物もあります。
フォークリフトがそれに該当します。
作業で扱う際にはフォークリフト技能講習修了証が必要で免許ではなく資格の扱いになります。

小型特殊車両に定められているもの、農耕用は特例があること、一見特殊車両に該当しそうな車両だが、資格がなければ運転できないなどややこしい部分があります。

道路運送車両法施行規則で該当する車両

大きさや速度の規定があるのは理解できても、小型特殊車両に該当する車両がどんなものがあるのかイメージが湧きにくい人もいるかもしれません。

小型特殊車両に該当するものは種類は多くあるので、代表的な車種を紹介すると、農耕用の小型特殊自動車は、農耕トラクターコンバイン、田植機、農業用薬剤散布車などです。

農耕専用ではない小型特殊自動車にはフォークリフト、ショベルローダ、タイヤローラ、ロードローラなどが該当します。
これらは工事現場で見かけることが多いかもしれませんね。

小型特殊車両はその作業を行うのに特化した形状をしているので、それぞれ個性的な作りになっています。
なのでマニアックなファンもいますし、子どもの玩具としても人気の存在です。